きものコンシェルジュxyz

「きものって楽しい!」のキモチをキモノで伝え合う きもの情報SNS あいうえお あいうえお

ようこそ、 ゲストさん

とんちゃんさんのトーク一覧

1-20件表示[全23件中]   1 2 > 


何年ぶりでしょー?! 大学の講義! 法政大学の沖縄文化研究所の総合講座に行ってきました。 タイトルは「沖縄の染織-貢納布のはなし」 沖縄県立博物館・美術館の與那嶺一子学芸員 700人も入るホールは満席。 学生さんは単位がかかってるとは言え、 半分は男子学生で、 「きもの」のこととしての講座を聴きにいったの...

沖縄の染織 [染織・産地]


6月まで放送していた BS時代劇「テンペスト」をみて 沖縄(琉球)マイブーム到来! ネットでいろいろ沖縄のセミナーを探して発見。 法政大学には「沖縄文化研究所」とう機関があって 今日の無料講座は「沖縄の染織」 行ってみようか思案中。 紅型?八重山上布? タイトルしかわからないから、どんなお話があるかお楽...

8月29日の「美の壺」は [本・TV・映像]


「男の着物」がテーマ。美術・工芸品を紹介している番組で、出演者の谷啓サンのほのぼのとした味わいが好きで、結構みてます。 http://www.nhk.or.jp/tsubo/ この番組に触発されて、素敵な「きもの男」の誕生を願ってやみません(笑)


銀座のぐんま総合情報センター「ぐんまちゃん家」が2007年8月19日-21日まで開催する桐生織物特別展。 「桐生は群馬の機どころ」 場所は銀座五丁目13-19 デュープレックス銀座タワー 二階 だそう。 群馬には、GWに絹の里へ行ったり、日頃馴染みのある県&きものと縁の県だから、行ってみたい展覧会。 覚え書きのよう...


作家の光野桃氏が2008年6月19日付の毎日新聞朝刊のエッセイで着物と身体の健康上の面白い観点のエッセイを記してました。 要約すると、南アルプスの山麓で山歩きを楽しんだ光野氏が、ガイドさんに「腰を落として、足を持ち上げず、摺る様に歩いて」とトレッキングのアドバイスを貰うと、「ん?」とその「感覚」に仕舞の...

藍染めの街 羽生市 [染織・産地]


埼玉県羽生市が藍染めの街だったとは。 2008年6月6日の毎日新聞に興味深い記事が載っていました。厳密にいうと「かつて藍染め街として栄えた羽生市」とあるのですが。 タイトルは「伝統産業を世界へ 藍染めの技一人でも多くの人に」 武州中島紺屋4代目 中島安夫さん(77歳) まず、個人的にそうなのか、とガッテン...


今更、発見~!って感じですが、建物は新しく、モダンな空間の三井記念美術館。 今やっている展覧会は きもの割引があるではないか! http://www.kimono-concierge.com/myindex/show/exhibition_id/175 http://www.mitsui-museum.jp/exhibition_01.html 和服でご来館のお客様は、当日、ご本人様に限り一般入館料を500円...


今日、自宅に届いた某呉服店のダイレクトメール。封筒には「お待たせしました!年の一度の呉服の日」の文字が! そう、毎年この頃になるとふっと頭によぎるのが「5月29日=ごふく」の日のこと。 結構この日のセールをやるお店ってあるようで。きもののネットショップでもセールをやるところあるようで。 きものにちなん...

国産シルクの記憶 [染織・産地]


きものトークのカテゴリでは「本・TV・映像かな?」と思いつつも「染織・産地」にて。 2008年4月28日付けの日経新聞の朝刊(別冊の特集タブロイド版)に「国産シルクの記憶」という興味深い記事がのっています。 群馬と長野の県境にある、蚕の繭から糸を紡ぐ、昔ながらの機械製糸の工場。国産シルクで養蚕農家と機屋(...


「季刊ちゃぶだい」という創刊2号目の雑誌を頂きました。テーマはきもの。 きものは巡る、世代を超えて・・・きものは巡る、家族の中を、親から子へ、子から孫へという(輪廻転生?!←ちがうか-苦笑)、詩的なメッセージからはじまります。 藍染のきもののコラージュなど、写真もとってもキレイ。読み応え、見ご...

和煦 (ワク)が届いた [本・TV・映像]


結構前から、アンケートに答えて無料購読させてもらっている和煦 (ワク)。 A6版、カラーの和装小冊子なのです。 愛知にあるキモノの悉皆業全般の会社が発行しているのです。 お出かけ情報からきものの修復(今日届いたのは柄足しをする職人さんのお話し)まで盛りだくさん。 ウェブもあり。

気になるきもの書籍 [本・TV・映像]


先月末(2008年1月31日)の毎日新聞 朝刊「くらしナビ」(20面)。 きものの書籍が「季節をまとう楽しみ」として3冊も紹介されていました。 1冊目は「おでかけ着物歳時記」 秋山洋子著 昔ながらのルールにのっとりながら、小物のコーディネートを紹介しているそう。 各月で取り入れることのできる代表的な柄やモチー...


安野モヨコの人気漫画「さくらん」が映画になって只今全国公開中。極彩色の"ニナガワカラー"で表現された花魁の世界。吉原 花魁の艶姿の着物も見ものの、恋愛と女の生き様を描いた映画。その監督のソロモン流の世界を紹介。 放送日時 : 3月4日(日) テレビ東京 21:54~22:48


「知るを楽しむ」をテーマにした教養番組『歴史に好奇心』の3月の放送では、4回にわたって、着物がテーマ。 マリンバ奏者でアンティーク着物・銘仙のコレクターである通崎睦美氏が番組で着物をナビゲート。 放送日時 : 3月15日(木) NHK 教育テレビ 午前5:05~5:30 第1回 平安朝ファッション再発見 ( 3月8日...


「知るを楽しむ」をテーマにした教養番組『歴史に好奇心』の3月の放送では4回にわたって、着物がテーマ。 マリンバ奏者でアンティーク着物・銘仙のコレクターである通崎睦美氏が番組で着物をナビゲート。 放送日時 : 3月15日(木) NHK 教育テレビ 午後10:25~10:50 第2回 武家奥方のモード革命


「知るを楽しむ」をテーマにした教養番組『歴史に好奇心』の3月の放送では4回にわたって、着物がテーマ。 マリンバ奏者でアンティーク着物・銘仙のコレクターである通崎睦美氏が番組で着物をナビゲート。 放送日時 : 3月22日(木) NHK 教育テレビ 午後10:25~10:50 第3回 江戸町人は美を競う


「知るを楽しむ」をテーマにした教養番組『歴史に好奇心』の3月の放送では4回にわたって、着物がテーマ。 マリンバ奏者でアンティーク着物・銘仙のコレクターである通崎睦美氏が番組で着物をナビゲート。 放送日時 : 3月29日(木) NHK 教育テレビ 午後10:25~10:50 第4回 モダンガールが街をゆく


UCカードの会報誌「てんとう虫」の9月号には、着物好き、染織マニアにはたまらない特集が組まれています。 「特集 日本の染め」 青空、夕焼け、花の色、人類は自然の恵みから色を得て、染めることを発見した。 その美しさは今もなお見る者の心をも染めてゆく。 染織に用いられる、植物の紹介、紅花、紫草、蘇芳、刈安...


かながわ伝統芸能ワークショップという団体が、小中学生を対象に「日本舞踊に学ぶ『和』の作法」 開催するそう。(2007/07/02 の日経新聞より)。 神奈川県が日本の伝統芸能の普及・振興を目的とし、日本舞踊を通じて、あいさつ、着物の着付けなど所作、作法を学べるんですって。子供じゃなくて、オトナでも、お作法、...


昨年が第一回の実施だった「きもの文化検定」 その教本のⅡが発売になりました。本年度は「きものの基本一問一答 きもの文化検定推薦公式模擬問題集(仮)  」も発売されるよう。文化検定の力強い見方になりそうです。

PAGE TOP