きものコンシェルジュxyz

「きものって楽しい!」のキモチをキモノで伝え合う きもの情報SNS あいうえお あいうえお

ようこそ、 ゲストさん

新着きものトーク

[全9件]

藍色の染料の原料は、蒅というそうですね。
8月20日の日経新聞文化面で、阿波藍 第19代藍師の佐藤昭人さんが取り上げられていました。
藍色の染料を作ることが大変だと知っていましたが、こんなに大変だと知りませんでした。

3月に藍の種をまき、6月下旬~7月上旬に刈取る。それを天日で乾かし1.5cm程度に切り刻み、茎と葉を分けて保管する。同じ事を8月上旬にも行う。
9月になると、この藍を発酵させて蒅にしていく。
藍をたたき床に広げて、5日単位で地下水を補給し混ぜていく。これを100日間、20回、行う。
この発酵の過程もきちんとみていかないと、蒅がダメになってしまうのです。
こうして、12月になると、蒅は全国の紺屋に出荷されていくのです。10か月近くかかります。
本物は、作るのに手間がかかりますよね。

今は、工業化が進んでいて色々なモノが手軽に入ります。
それはそれでいいけれど、お手軽には入らない、人が手間をかけて作ったモノには、それにふさわしい尊敬を持ちつつ、大切に使っていきたいものです。
工業製品と比べて、「どっちが安い」ではなく。

この佐藤さんは19代目だそうです。すごいですね。
こうやって、技術・伝統が代々、引き継がれていく。

もし、佐藤さんが廃業したら、本物の藍染はなくなってしまいます。 紺屋がどんなに大勢いても、です。
モノゴトはつながっているのです。
私は、こういう人達、そのつながりを応援・拡大していきたいと思っています。

琉球も一種、独特な趣があって、ひかれるものがあります。

何年ぶりでしょー?! 大学の講義!
法政大学の沖縄文化研究所の総合講座に行ってきました。
タイトルは「沖縄の染織-貢納布のはなし」
沖縄県立博物館・美術館の與那嶺一子学芸員

700人も入るホールは満席。
学生さんは単位がかかってるとは言え、
半分は男子学生で、
「きもの」のこととしての講座を聴きにいったので
ちょっと、不思議な感じ。

沖縄の染織としてのお話は勿論
「税金」としての織物のお話がメイン。
人頭税の仕組みがよくわかりました。
自分たちが着ることのない「御用布」。
製作には2~3カ月。
なんだか、
いつの時代も、税金を納めるってことは・・・
増税時代幕開けを前に
複雑な思い出、琉球の人たちの苦労を
自分に?重ね合わせてしまった。

沖縄の染織 [染織・産地]
とんちゃん

6月まで放送していた
BS時代劇「テンペスト」をみて
沖縄(琉球)マイブーム到来!

ネットでいろいろ沖縄のセミナーを探して発見。
法政大学には「沖縄文化研究所」とう機関があって
今日の無料講座は「沖縄の染織」
行ってみようか思案中。

紅型?八重山上布?

タイトルしかわからないから、どんなお話があるかお楽しみ。

銀座のぐんま総合情報センター「ぐんまちゃん家」が2007年8月19日-21日まで開催する桐生織物特別展。

「桐生は群馬の機どころ」

場所は銀座五丁目13-19 デュープレックス銀座タワー 二階 だそう。



群馬には、GWに絹の里へ行ったり、日頃馴染みのある県&きものと縁の県だから、行ってみたい展覧会。

覚え書きのような、きものトークになってしまった。(笑)

埼玉県羽生市が藍染めの街だったとは。



2008年6月6日の毎日新聞に興味深い記事が載っていました。厳密にいうと「かつて藍染め街として栄えた羽生市」とあるのですが。



タイトルは「伝統産業を世界へ 藍染めの技一人でも多くの人に」 武州中島紺屋4代目 中島安夫さん(77歳)



まず、個人的にそうなのか、とガッテンがいったことが羽生で藍染めが産業だった理由。足袋の街として今でも有名な行田。羽生はそのお隣の町。なので、明治維新後、行田の足袋産業の発展とともに、男物の足袋は殆ど藍染めだったので、その需要にささえられ羽生は産地に。 明治30~40年には羽生、加須、行田で150軒も業者があったとのこと。 小学生の「埼玉」の教科書には載ってなかったわ・・・(苦笑)



その後、化学染料により衰退しいまでは上記の3市に6、7軒残るのみ。この中島さんは古代からの歴史、3000年前に源流のある藍染めにこだわって、頑張って続けてこられた、とのこと。多くの人に触れて、知ってもらいたいと30年前に工房をつくったとのこと。



なんだか、とても読んで旨に刻まれたコメントが

+ 代々の技を広く伝えることにためらいはなかったのですか?

- 私は藍染めを滅びていく姿を見てきました。だから一人でも多くの人に理解してもらう、これが藍染めにとって一番だと思ったのです。(中島さんは、米カリフォルニア美術大学で客員教授として技術指導をされていると!)



と。個人的には、藍染めの着物はまだ一枚も持っていない私。こういう滅び行こうとも、ちゃんと、きもの(衣類・服飾)として、例えば、藍染めは虫除け効果がある、とか体にいいなど、伝統の技で機能するものが、一人でも多くの人に触れるのであれば、いつかは一枚身にまといたい、などまた、きもので夢想をしてしまった。。。

きょう、日本橋三越本店の「日本伝統工芸染織展」へでかけました。

全国各地の貴重な染織の着物や帯、帯締め等をみることができました。

中には重要無形文化財保持者(人間国宝)の玉那覇有公氏による作品

紅型二枚異型両面染の「芽に花文様」の着物などもあり、

なかなかみごたえがありましたよ。

残念ながらきょう4日が最終日だったので

みなさんにおすすめできないのですが

また、このような催しがあったら目の保養に行きたいと思います。

(ちなみに、気に入った着物の値段をたずねていたおばさまがいましたが、非売品でした)


きものトークのカテゴリでは「本・TV・映像かな?」と思いつつも「染織・産地」にて。

2008年4月28日付けの日経新聞の朝刊(別冊の特集タブロイド版)に「国産シルクの記憶」という興味深い記事がのっています。



群馬と長野の県境にある、蚕の繭から糸を紡ぐ、昔ながらの機械製糸の工場。国産シルクで養蚕農家と機屋(はたや)をの関係を紡いでいる・・・。



着物好きが高じると、染織についていろいろ知識があつまってくるけれど、さすがに生糸についてまでは。

でも、この記事には、たとえば、生糸の価格(バブル期には1キロ2万円だったのが、現在では3000円台)で中国やインド産に席巻されてしまっている実情など。



日常のファッション、洋服でも木綿・コットンもお手入れが楽でいいけれど、やっぱり絹は、さわり心地や、特に和装の時は、着付けの長着の扱いや、着たときのすそさばきなど、「きものならでは、絹ならでは」を感じされてくれるもの。



パジャマやブラウスなどで「シルク」とのお付き合いはあれど、これからは、きもので「日本の絹」とお付き合いできたら・・・。そんな思いが読後にわいてくる特集記事です。

旧暦とは日本の風土・風習のスローライフカレンダー。



旧暦ダイアリー「旧暦日々是好日2007」の」のLUNAWORKSさんから、きものや染織のお勉強になる情報をいただきました。



お江戸気分旧暦カルチャー講座「お江戸暮らしの衣食住」



2007年5月12日(土)午後2時~

自分の五感を使って生きるための旧暦カルチャー講座。にほん古来の身体技法、食のあり方、衣料のしくみなどを季節に応じて学びながら、 昔の日本人が持っていた知恵とものを見る目をゆっくりと養います。 旧暦ベースの江戸のお料理つき。第一回目は江戸時代の布を実際にみていただきながら衣料の全体像やルーツを探ります。旬の食は八百善の資料と「木の芽田楽」などを予定しています。

年4回 会費3500円

申し込みは5/8迄 日本の風へ

http://www.balan.tv/nihonnokaze/school/school.html



江戸時代の布って?!

気になるところデス。

PAGE TOP